読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠るまでに見た夢のこと

眠るまでに眼に映った事聞いた事、読んだ本やった事行った所思った所を書きます。時々、眠った後に思ったことも書きたい(願望)

由緒正しき名探偵 ハリィ・ケメルマン『九マイルは遠すぎる』

名探偵の喋り方は古今東西ほぼ決まっていて、気取っており論理的であり断定口調。それは名探偵には欠かせないピースであり、なぜなら彼の語る事が真実となるからでありましょう。 また探偵小説で明かされる真実は常に論理的であり、無駄がなく、そしてなによ…

「モルグ街の殺人事件」

全ての推理小説の祖であった。 モルグ街の殺人事件 (新潮文庫) 作者: エドガー・アラン・ポー,Edgar Allan Poe,佐々木直次郎 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1951/08 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 9回 この商品を含むブログ (23件) を見る 気に入っ…

「翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件」

新本格ミステリを読みたくなり、麻耶雄嵩を読みました。 翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件 (講談社文庫) 作者: 麻耶雄嵩 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1996/07/13 メディア: 文庫 購入: 5人 クリック: 206回 この商品を含むブログ (96件) を見る デビュ…

「そして誰もいなくなった」

夏休みに入ってから、まるで学生のときのようなペースで本が読めている。ストレスの発散である。 そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 作者: アガサ・クリスティー,青木久惠 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2010/11/10 メディア: 文…

「遠回りする雛」

もう長い事ずっと積んでいて、ライト・ミステリとして読めたらええかなと思いながら読んだ。けどライト・ミステリというよりはライト・ノベルというかキャラクター・ノベルという感じ。 遠まわりする雛 (角川文庫) 作者: 米澤穂信 出版社/メーカー: 角川書店…

「モーダルな事象 桑潟幸一教授のスタイリッシュな生活」

今日は横浜戦を見に行った行き返りで、徐々に読み進めていた奥泉光の本を読み終わった。 モーダルな事象―桑潟幸一助教授のスタイリッシュな生活 (文春文庫) 作者: 奥泉光 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2008/08/05 メディア: 文庫 購入: 5人 クリック: …