眠るまでに見た夢のこと

眠るまでに眼に映った事聞いた事、読んだ本やった事行った所思った所を書きます。時々、眠った後に思ったことも書きたい(願望)

SF

『帰ってきたヒトラー』を読んだ

あまりに休眠させておくてエターナルので、自分の精神衛生のために更新しよう。 帰ってきたヒトラー 上 (河出文庫 ウ 7-1) 作者: ティムール・ヴェルメシュ,森内薫 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2016/04/23 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (…

『たったひとつの冴えたやりかた』を読んだ

久しぶりにSFを読みました。多分SFを読んでない人でも知ってる超有名作。 たったひとつの冴えたやりかた (ハヤカワ文庫SF) 作者: ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア,浅倉久志 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 1987/10 メディア: 文庫 購入: 39人 ク…

『ジュラシック・ワールド』を観た

小学生から中学生の時に恐竜にドハマリしていた時期があって、その時確か『ジュラシック・パーク』シリーズを何度も見た記憶がある。 冒険にわくわくして恐竜がかっこよくて怖くて、ハッピーエンドと音楽に高揚しながら映画館を後にする! みたいな。 大冒険…

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

これほどまでにタイトル通りの作品は観た事がないっす。マジでマッドマックスだった。 映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』予告編 - YouTube この予告編にある通り、「生きる」事が主題の感動ヒューマンストーリーなわけがなく、お金を大量に注ぎ込ん…

――時間・恋・記憶――『未来からのホットライン』

最近僕の中ではハードSFを見たい気分の時はホーガン先生を読めば概ね間違いないという理論が出来上がりつつあって、これも十分それを満たしてくれた。 未来からのホットライン (創元SF文庫) 作者: ジェイムズ・P・ホーガン,小隅黎 出版社/メーカー: 東京創…

愛を並列するフィルムたち 『インターステラー』 (ネタバレあり)

『ダークナイト』『インセプション』『メメント』等の作品の監督である、クリストファー・ノーランの最新作を観てきました。 IMAXってすごいのね。割と感動した。 映画『インターステラー』最新予告編 - YouTube 映像は素晴らしいですが、僕の感想としては「…

『ヴァリス』 P.K.ディック

もう全然わけわかんないっす。今までのディック作品の中でぶっちぎり。 ヴァリス〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫SF) 作者: フィリップ・K・ディック,山形浩生 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2014/05/09 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (15件) を見る ス…

「ガニメデの優しい巨人」

ハードSFの傑作『星を継ぐもの』の続刊。ガニメアン・シリーズ第二巻。 ガニメデの優しい巨人 (創元SF文庫) 作者: ジェイムズ・P・ホーガン,池央耿 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 1981/07/31 メディア: 文庫 購入: 20人 クリック: 210回 この商品を…

「GODZILLA」

ゴジラである(^^) なんかすげえゴリラっぽかった。 あのゴジラがスクリーンで、しかも3D(3Dで観ました)。いやもう言うことはないっす。ゴジラの生物っぽさはいやにも増しており(着ぐるみじゃないので当然といえばそうなんだけど)、敵怪獣ムートも中々グ…