読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠るまでに見た夢のこと

眠るまでに眼に映った事聞いた事、読んだ本やった事行った所思った所を書きます。時々、眠った後に思ったことも書きたい(願望)

「灰と幻想のグリムガル 2」

脱出不能のオンラインゲーム系ラノベは種々挫折したけれど、これは面白い。

 

灰と幻想のグリムガル level.2 大切じゃないものなんか、ない。 (オーバーラップ文庫)
 

 ……見捨てるなんて、できない。というか、見捨てるべきじゃない、と思う。
 見知らぬ世界「グリムガル」へと連れて来られたハルヒロたちは経験を積んでようやく半人前から抜けだそうとしていた。
ステップアップのために新たなダンジョン「サイリン鉱山」へと挑むのだが、そこはパーティに加わったメリィが過去に仲間を失った場所でもあった。
順調にいくかと思われたハルヒロたちの探索だったが、予期せぬ仲間との別行動を強いられ、更にデッドスポットという異名を持つ巨大なコボルドが襲いかかる。
 新たな試練とともに、灰の中から生まれる冒険譚の第二章が紡がれる!

 

、とのこと。あらすじなんて書いて(引用)してしまえばこれだけなんだけど、中身がとっても楽しい。主人公たちにチートキャラは一人もいないし、完璧な人間は一人もいない。それにステータスなんか表示されないし、すぐ死ぬし、新しい技を身に着けてもレベルアップの音はしない。もがきの中で、ふと気づくと前より少しだけ進んでいる。その過程を読むのが、とっても楽しい。冒険をしている気分になる。ユメちゃんかわいいし。

 

十文字青さんの作品は初めて読んだけど、この湧き立つような安定感はなんなんだろう。次も読もう。