読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠るまでに見た夢のこと

眠るまでに眼に映った事聞いた事、読んだ本やった事行った所思った所を書きます。時々、眠った後に思ったことも書きたい(願望)

『サクラ×サク 01 我が愛しき運命の鏖殺公女』を読んだ

気付いたら前回更新してから一か月くらい経ちそうでした。

 

 ついに。とうとう。一人も友だちができないまま、学校を卒業して軍人になってしまった──。
見た目は平凡でド普通、強いて言えば根暗そうな准士官ハイジの赴任先は「帝国」の侵攻を
食い止める「公国の盾」、国境近くの最前線に位置するイエルヴァラ城市だった!
超絶美貌の公女に仕えることになったハイジに明日はあるのか──!?
血が滾って色々躍る本格ファンタジー戦記、ここに開幕!

 

との事です。十文字青さんの作品はグリムガルしか読んでなかったのですが、多分作者さんはゲームがとても好きなんだと思います(ここまで書いてちょっと調べたらそれっぽい事を見つけました)

 

メインヒロインの公女は「ヤマアラシのジレンマ」をド直球で行きます。仲良くなりたいのに仲良くしようとすると周囲を傷つけてしまう……そんな少女を助ける若干コミュ障の男の子。ロマンですね……! 主人公の独白は笑いましたw

 

ただグリムガルみたいにやべぇ死にそうマジやべぇ、ではなく、公女も(そして多分主人公も)異能の持ち主でめっちゃ強いです。でもそれを周囲から利用されてしまって、利用させてしまって、それで悩む、傷つくという感じ。異能で異常な登場人物たちにも人間臭さというか、人間らしい悩みがある。作者さんの作品の魅力の一つだと思います。

 

まだ第一巻なのでどう転がるかはわからないけど、公女様はとってもかわいかったです!