読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠るまでに見た夢のこと

眠るまでに眼に映った事聞いた事、読んだ本やった事行った所思った所を書きます。時々、眠った後に思ったことも書きたい(願望)

「ようこそ実力至上主義の教室へ 3」を読んだ。

年の瀬に更新してから一か月。あっという間の一か月でした。

 

 季節は夏。期末テストを乗り越え夏休みを迎えた清隆たちに高度育成高等学校が用意していたのは、豪華客船による2週間のクルージングの旅だった。喜ぶ面々だったが、完全実力主義の学校が単なる旅行を計画するわけもなく、船は無人島に到着。そこで本年度最初の特別試験―無人島でのサバイバルが通達される。生活物資は試験用に与えられたポイントで購入可能。だが試験終了まで保持したポイントは2学期からの学校生活にプラスされるという。上位クラスとの差を埋めるため、最底辺のDクラスはポイントの不使用を画策、サバイバルな生活に乗り出そうとするが、特別試験は甘いものではなく―!?大人気クリエイターコンビが贈る、新たな学園黙示録第3弾!?

 

との事。

暁の護衛』の衣笠さんらしさが強く出始めたという感じでしょうか。一巻から追いかけて来て一番面白い巻でした。

 

無人島でのサバイバルとの事で、学校から舞台が移り、各クラスの個性のある生徒達が徐々に増えてきました。皆裏に物凄い一物隠し持ってそうでやばい。純粋なバカっていうのが主人公のクラスにしかいない気がする。佐倉ちゃん可愛い。

また、設定されたサバイバルルールもトリックやひっくり返しに上手く使われていて終盤に駆けて盛り上がっていく構成も良かったです。一之瀬ちゃん可愛い。

 

主人公の極端な内面も一部明かされ、実力を隠してるだけの俺TUEEE主人公から変貌しようとしています。

その一部からの勝手な憶測ですけど、力でねじまげられた主人公が成長し、ねじまげられた力その物を使って強者に復讐しようとする物語。つまり同害報復というか父殺しの欲望というか。そういうすごい強い欲望を持った主人公だと思います。「力こそ全て」って言う世界観、嫌いじゃないです。

だからこれからどうなるのか期待。どんでん返しやあっという仕掛けが合わさるとバツグンに面白くなる物語なので、ぜひかっこいい俺TUEEEをこれからも。

 

 

絵は相変わらずの美しさ。ゲームで読みたいと思っちゃう。

前作の記事はこっち。 

sjuuuuran.hatenablog.com

 では~