読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠るまでに見た夢のこと

眠るまでに眼に映った事聞いた事、読んだ本やった事行った所思った所を書きます。時々、眠った後に思ったことも書きたい(願望)

「この恋と、その未来。 ―二年目 春夏―」を読んだ

波に乗るとシリーズは続けて読めますね。

 

 二年への進級と共に、それぞれ第二寮の個室へ移った四郎と未来。新入生の梵七施の噂から三好と付き合っていることを公にした四郎は、少しずつではあるが、気持ちを未来から三好へ向けていく。そんな夏のある日、未来は山城に自分の秘密を打ち明けると四郎に告げる。心の底では山城が未来を受け入れることを怖れながらも、ただ一人の親友として未来の決意を応援し、自分は三好を含めた友人達と夏の夜を楽しもうとする四郎だが…。揺れ動く、第四幕。

 

との事。前作の記事はこちら

 

sjuuuuran.hatenablog.com

 

やっぱり無理は身体によくないんですよ。クズがクズじゃないようにふるまってもクズになってしまうのは仕方がないことなんですよ(ゲス顔)、と一読者クズが言っても主人公の気持ちは晴れないですよね。

 

四郎の持つ「好きな人に迷惑をかけたくないから諦める」「絶対一緒に入れない好きな人の代わりにこの人と一緒になる」っていうのは誰もが持つものだと思うし、それが尾を引いて乱れてしまうのもおかしな事では無い。つらつら理屈を並べ立ててしまえばこれだけの事なんですが、やっぱり当事者の中じゃわだかまりにイラつきや葛藤や悶えなんかがあるわけで、それはつまり彼らが人間だからだし僕も人間だからなんですよね。

この作品は主人公の四郎が好きな相手がトランスジェンダーである事がちょこっと話題になったけど、そこよりやっぱり「好きな人と一緒になれないのが苦しい」って青春群像をとても面白く書いてるという所でこの作品って評価されるべきなんだと思います。

 

もちろん未来のヤケクソの叫びや要のトランスジェンダーを目にした率直な吐露も白眉です。なんていうの? 脱臭されてないって言ったら良いのでしょうか。僕たちが無意識に脱臭してる生身が突きつけられるっていうか。

僕はラノベの定義に無知なのでラノベっぽくないという単語は使いませんが(そもそもラノベってそういうのから一番遠い物であって欲しいと思ってるし)、個性の光ってる作品だと思います。

 

文章も落ち着いていて読みやすいし、このシリーズとても好きです。どうなるかわからないけど、四郎が幸せになれる所が見つかると良いなと思います。

(毎度毎度売上がギリギリっぽいあとがきにはひやひやします)

 

では。