読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠るまでに見た夢のこと

眠るまでに眼に映った事聞いた事、読んだ本やった事行った所思った所を書きます。時々、眠った後に思ったことも書きたい(願望)

「ガニメデの優しい巨人」

ハードSFの傑作『星を継ぐもの』の続刊。ガニメアン・シリーズ第二巻。

 

ガニメデの優しい巨人 (創元SF文庫)

ガニメデの優しい巨人 (創元SF文庫)

 

 

今回もヴィクター・ハント博士とクリスチャン・ダンチェッカー博士のコンビが謎を解く。生物学物理学等の多岐にわたる綿密な描写や宇宙空間の丁寧な書き込みは前作と変わらず、それを軽妙に会話や地の文で表現していくホーガンと役者池央耿の日本語は素晴らしいっす。2500万年の時を経たガニメアンの宇宙船と巨人たちと人類の交流などはベタベタの「未知との遭遇」なわけですが、そのベタっぷりとガニメアン達の心の優しさが妙にマッチして、読んでいても面映ゆさを感じません。恐らくここにもハードSFの細かな描写が貢献してます。

 前作『星を継ぐもの』で見せたものすっごい大どんでん返しはありませんが、ガニメアンとルナリアン、そして人類の歴史を、まだ解き明かされていない宇宙や地球、人類の謎と巧みに織合わせ、一つの偽史(フィクション)を素晴らしい完成度で語るホーガンの手腕は遺憾なく発揮されています。